会計監査

1. 画一的な手続きにとらわれないカスタムメイドの監査

海外を中心に活動されている企業に対する監査と、国内を中心に活動されている企業に対する監査では、必要とされる監査手続の範囲やその深度は異なります。
同様に、売上高や利益、総資産等の金額的水準は同規模であっても、事業や業界が変われば、外見的な財務数字の背景にある“実態面”が異なるため、フォーカスすべき監査のポイントは異なってきます。
そのため、どのような規模・業界の企業にも対応できるような、“画一的なマニュアル”を整備してしまうと、そこには当然、手続の不足や過剰といった“非効率”が生まれる可能性があります。
私たち應和監査法人では、事業規模・業界特性に応えるべく、企業の業種・規模に応じたカスタムメイドの監査を提供しています。

assurance_img

2. 高品質なサービスを合理的な報酬で提供

應和監査法人では適正な監査報酬を望まれるお客様のニーズにお応えするため、監査法人内の業務を極力効率化し、無駄な業務の削減にも努めています。
お客様に“高品質のサービスを合理的な報酬で”提供します。

3. 監査という枠組みを超えてビジネスパートナーという信頼関係の構築

監査の効率化に努める一方で、単なる“チェック屋”としての役割を超えたサービスを提供します。
私たちは、これまで培った知識・経験が、貴社の経営にかかわるお悩み・課題にお応えする一助になると信じています。
“監査”の過程の中で、企業に内在する潜在的な課題を抽出するだけでなく、既に顕在化しているものの企業内部の力だけでは克服することが難しいとお考えの課題について、今までの経験等を踏まえ外部の立場からお力添えできるものと考えています。
また、不正防止等のため内部統制の水準が高められるような視点で監査をしてほしい、税務面についても積極的なアドバイスがほしい、経営面の課題について一緒に考えてほしいといった個別具体的なニーズにも随時お応えしています。

  • 法定監査

    一口に“監査”とは言っても、求められる法的背景は多種多様です。應和監査法人では、あらゆる法定監査に対応しています。

  • 任意監査等

    監査は法律によるものだけではありません。 経理体制強化やIPO等、様々な理由から法人自らの意思で行われる任意監査もあります。

  • お問い合わせ

    電話でのお問い合せ
    TEL : 03-3222-6025
    FAX : 03-3222-6116
    メールでのお問い合せ
    info@ohwa-audit.co.jp

    お問い合わせフォーム